【三品万麻紗企画公演】
 「Water-銀河鉄道の夜-」
 楽曲制作 + 作詞 + レコーディング

【テーマ】
「登場人物の心情を込めた歌を制作する」

【アプローチ】
<作詞>

  • 「落ち込む主人公を諭す立ち位置にいる人物が、自らの心情を歌うことを通じて、主人公に前を向いてもらう。」
    というシーンで流す
  • 銀河鉄道をモチーフにした作品。上記の人物とは先生。

というポイントを考慮しながら作詞。
独り言から始まり、このままでは良くない、という気づきに至る、という感情の流れを詞の中で描写することを目指した。

<作曲>
テンションの音を取り入れた和音で、長調と短調のコードを混ぜてリファレンス曲を制作。
少しふわっとした、切なさのある印象に仕上げる。

ギター奏者担当にリファレンス曲を渡し、アレンジしてもらい、仕上げてもらった

【担当】
・映像制作
・記録映像

【制作日数】
映像 => 20日

【演目解説】
三品万麻紗企画公演。「久松温泉」という銭湯2階の大広間にて上演。
当日は生演奏で、自分も劇に出演し、初めて人前で自分の歌を歌った、思い出深い公演。

PAGE TOP