【qui-co.】
 「the rat 13-11」
 映像制作 + PM

【テーマ】
「プロジェクターを3台用いた映像表現を行う」

【アプローチ】
具体的なオーダーとして、
「星空」「映画」「各チャプターの字幕」
「解脱をイメージした映像(生と死をイメージした映像)」
というものがあったので、
映像制作については、基本的にこれに準じて作成

投影に関しては、
プロジェクターを中央裏打ち、上手端、下手端の3点から
マッピングなしに、同時に投影することで、
空間の見え方を変える形で、映像演出を実現

【担当】
・3Dシミュレーション
・映像制作
・プロジェクションマッピングアプリ開発

【制作日数】
映像 => 7日
開発 => 7日

【演目解説】
the rat 13と、その続編であるthe rat 11を同期間に同時上演
複数のスクリーンが配置された、SF的な舞台美術を演出することを念頭に置き、
照明・映像間で相談しながら、空間演出を行った。

PAGE TOP